2011-08-26 (Fri)
イングリッシュ・セッションの話から
英語について

英文論文も大変ですが、英文メールもまた違った意味で難しいと考えている眼科医は多いのではないでしょうか。

特にメールのような日常表現において、時制の問題は難しい。

昔、受験英語を勉強していた頃に、時制を実用的に説明した参考書はほとんどなかったような気がします。

わたしが単に理解できていなかったためかとは思いますが、なにぶん分かりにくい古い参考書しかなく、何が実用面で問題か、理解しにくかったように思います。

新しい世代の「ドラゴン・イングリッシュ 基本英文100 竹岡広信著 講談社」は、若い人には当たり前だと言われそうですが、名著だと思います。

この本を眼科医が全部読む必要はありません。
13ページから15ページまでをよく読めば、本代1400円の価値が既にあります。

まず、イントロダクションが素晴らしい。

「「君のことが好きだ」を緊張のあまり間違えて「君のこど好きだ」と言っても何とか通じるだろう。
だけど、時制を間違えて「君のことが好きだった」と言えばすべては終る(笑)。」

非常によく分かるたとえです(笑い)。

「ウィスキーのボトルを2本も開けて車を運転するのは危険だ」

「It would be dangerous to drink two bottles of whiskey and drive a car.」

が現実か仮想かの識別をきちんとすること。

「こういうことは普通起こしませんので、それが仮定のIt would beになるということ。
それから「車の運転をする」の時制は、「今日は僕が運転するね」と言うように日本語では未来の行為を示します。
ところが英語の「drive」という動詞は現在の行為を表します。

このため
It would be dangerous that you drink two bottles of whiskey and drive a car.
とするのは英文として間違いであり、

It would be dangerous to drink two bottles of whiskey and drive a car.
となる」

という説明はまことに深いものがあります。

英語上手な人には笑われそうですが、
英文メールを用いて医学的な相談・討論をする場合など、
時制(丁寧表現も含む。ネイティブの医師の社交上のメールはとても丁寧であり、なるほどこう言えばよいのか、といつも思います)がなかなか難しいものだと
常日頃感じているわたくしであります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 英語 | COM(2) | TB(0) |
2011-08-25 (Thu)
今週は夜になると秋の虫が高らかに鳴いている。

そうである。
日本緑内障学会も近くなっている(9月23日金曜日祝日から秋田市において開催予定)。
焦る。

小生は緑内障学会のイングリッシュ・セッションなるものに演題をおそるおそる出してみたところ、採用された。
これは「緑の若葉」と副題?があり、多分、緑内障を学ぶ若い眼科医の英語発表機会を作るためのセッションではないかと思われた。
そのため、演題を出して良いかどうか、年齢制限などないか、お伺いを立ててみたところ、どうぞ演題を出してください、というお達しだったのである。(学会関係の先生方の御配慮に感謝申し上げます)

正直なところ
わたしは「緑の若葉」からいささか遠い(苦笑)。

多くの場合
英語セッションなるものはひっそりと行われ
あまりお客さんもいないことが多い。
日本の眼科学会と平行して開催されるアジアの学会などもびっくりするほど聴衆が少ないことがある。

というわけで、ひっそり英語発表してみたいと思っていたのだけれど
なぜかこのセッションは略歴とか顔写真とかを送るように言われ始めたあたりから
ちょっと心配な気がしている。

つい数日前ようやくプログラムが発表になり
緑内障研究で有名な大学、公的病院の優秀な若手による演題が揃っているようだ。
(わたしだけまったく毛色が違う・・)
ということは少なくとも関係者の人々がやってくる。
そのうえ、なぜかソウル大学など韓国からも2演題が参戦予定である。

活気あるセッションになりそうなのは良いことであるが
はたしてどんなことになるのでありましょうか。
小生の「下方からのトラベクロトミー Trabeculotomy from below」という研究発表には多くの先生方からデータを含め御支援御指導を戴いているので、なんとか責を果たしたいところであります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 緑内障 | COM(0) | TB(0) |
2011-08-23 (Tue)
今から四十年前、プエルトリコの空港で一日一便しか飛んでいないヴァージン諸島行きの飛行機が欠航。

わたしなら、しょうがないと諦めるところですが

ある青年は怒る代わりに、チャーター便の受付窓口まで歩いていって、飛行機をチャーター。

小型の黒板を借りてくると「ヴァージン諸島行き、39ドル」と書き、出発ホールで客を集めた。

チャーター機は満席となり、彼は払った分以上のお金を手に入れ、しかも時間どおりに島に戻ることができた。

これは後に、さまざまな壁に立ち向かい、ヴァージン航空を創業することになるリチャード・ブランソンの行動でありました。

(セス・ゴーディン「新しい働き方」ができる人の時代 三笠書房)

それにしても、リチャード・ブランソンという人は発想が違いますね。。

どんな困難にもこのようなチャレンジの道があるのかもしれません。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 生き方 | COM(0) | TB(0) |
2011-08-21 (Sun)
母の初盆を終えて初めての日曜日だ。
雨。

初盆というのは、なぜか疲れる。
父も亡くなり、母も急に亡くなったため実家を管理出来なくなった。
そのため初盆をどうするかが問題だった。

わたしの家はコンクリート打ち放しの「ワン・ルーム・ハウス」なので
仏壇を置きにくい。

結局部屋を改造して小型の仏壇を置くことにした。
仏壇を買いに行った先の若いご主人がとても詳しくて
いろいろ教えていただいた。
というか勉強しないと売ってもらえない感じで、かえって好感が持てた。

商品知識に詳しく、自分の商品が好きだという態度が爽やかに出ている人は本当に好ましい。
仏壇も「シック」にそろえるとなかなか美術品らしくなり、思っていたより収まりが良い。
心があらたまる。

お盆の前とその間、家内は忙しかったものの、わたしは周囲の人々のお世話のおかげで
たいしたことはせずにすんでいるのに
なんとなく心身が倦怠した。

それが初盆であり
自宅の盆かも知れない。

わが日向市周辺では初盆の家に盆踊り隊が訪れて
盆踊りを奉納というのか、踊ってくださる地域もまだある。

盆踊りの人々に酒や食事を振る舞うのだそうだ。
ありがたいが我が家ではとてもそこまでがんばれないだろう。
盆直前まで外来診療を行い、家内も年間の会計が丁度終わる時期なので、会計事務所の職員と数字・書類の確認のため忙しい。

それでももし盆踊り隊が来てくだされば、
(地域が違うので、無理なのだけれど)
賑やかなことが好きだった
父と母が喜ぶだろう。

ちょっとばかり御願いしてみたい気もする初盆の盆踊りなのでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |
2011-08-17 (Wed)
先日、誕生日に息子から
メールが届いた。

「パパもOO歳ですか。
早いものですね。」

と、わたしの父親みたいな感想が述べてあった。
苦笑しつつも有り難い。

開業してから18年
あっという間である。

しかしいつまでも気持ちは
開業した頃の39歳のままのように思う。

一生感動 一生青春

相田みつお

ある本に引用してあったのを読んで
良い言葉だなと思った。

簡潔
前向き
強さもある。

とにかく一生懸命生きていると
感動することも多い。
それが若さにつながる。

感動というと大げさかもしれないけれど
ああ良いなあ、という心の動き
それが生き生きとした人生にとても大事な気がする。

眼科外来の患者さんと話していても
生き生きしている人は
感動上手だ。

今日は晴れそうである。

早朝、この文を書いていると
カーテンの向こうから
蝉の声が勢いを増してきた。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 生き方 | COM(0) | TB(0) |
2011-08-15 (Mon)
8月15日。
終戦記念日
このところ大震災への配慮もあったのか
日中の軋轢もあまり聞こえてこない。

けれど日中関係を未来につなぐことは
本当に大切であると思う。

わたしは長崎原爆記念日が誕生日なので、原爆の悲惨をいつも思っているけれども
また、日本は中国を始めアジア諸国への加害者であったことも忘れるわけにはいかない。

日中を繋ぐ人脈が不足しているのではないかと心配な中で
この一、二年注目しているのは
加藤嘉一(かとうよしかず)さんである。
加藤嘉一さんの公式HP

彗星の如く現れて、ある種爽やかに日中関係を論じている。

今やご存じの方も多いと思うけれど
山梨学院大学附属高校卒業。
山梨学院大学と学術協定を結んだばかりの北京大学への留学に名乗りを上げ、北京へ。

北京大学留学生会会長を務め
2005年反日デモへの建設的な論評で一躍有名になる。

2008年訪日を控えた胡錦涛主席が面会。
現在英フィナンシャルタイムズ中国語版コラムニスト。

春に購入したままだった
「中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか」
加藤嘉一著
ディスカバー・トゥエンティワン刊
をこの盆休みに読んだ。

原題は「中国よ、私は貴方を誤解しているのですか?」という感じらしい。
これを日本語化して加筆修正されている。

内容は日本の題名と違って、正統派の意見が丁寧に綴られている。
実体験に基づく比較文化的なコメントが興味深い。

「ちなみに、中国にいじめという文化はない。
中国社会は嫉妬文化で成り立っていないからだ。
・・・・
小学校・中学校・高校で、ぼくは「いじめ」のような罰を数えきれないほど受けてきた。
その理由は、今ふうに言えば、比較的空気に疎いからだと思う。
そのうえ、「空気」に従うというやり方に、生理的に同意できないからではないかと自分では認識している。
・・・
でも中国は違う。
「出る杭は打たれる」という意味不明な文化は存在しない。
逆に、出なければ打たれる。」

「日本人は、とっても勤勉である一方、案外面倒くさいのを避ける民族だと思う。」

勿論加藤さん個人の見方であるが、当たっているのではないだろうか。
彼の中国語ブログは多い日には83万アクセスを示している。

ぜひ加藤さんに日中双方の理解を深める仕事を独自の立場で進めていただきたいと願っています。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 中国 | COM(0) | TB(0) |
2011-08-13 (Sat)
軽装とかノーネクタイでとかいう決まりがある会合が苦手である。

わたしは原則として365日ネクタイをし、ジャケットを羽織るか、手にしている。
それが平服であります。

ジャケットのポケットもそれぞれに役割があるので、ジャケットを持たないとボールペンを忘れたり、電車の切符を入れる場所に迷ったりして、調子が狂う。
カジュアルにというときはネクタイの柄をカエルやイヌなどにして対応している。
でも平服というのにネクタイをしているとルール違反。
周りも困りますよね。なかなか難しいものであります。

わたしはカジュアルな服装が全く似合わない。
最近は首が細くなったので、首に何かをまいていないとますます貧相である(トホホ)。

業界主導の「クールビズ」も知的な着こなしが難しい。
総理大臣もノーネクタイ姿で世界中に配信されるのだが、ややみっともない。
人のことは言えないが、政治家には「クールビズ」になると、途端にインテリOクザ見たいに見える人が多くてびっくりする。

ネクタイをしなくても襟が綺麗に立つためにはボタンダウンにして、厚めの生地でやや大きめの襟にしたりせざるを得ない。

どうせなら、夏は日本人には開襟シャツが一番と思う。
暑いならもちろん半袖。
ジャケットなし。
わざわざネクタイなしでジャケットありというのはエコ的には本末転倒である。

ここでいう開襟シャツは国連の明石事務次長が着ていたシャツである。
旧日本陸軍みたいだと思う人がいるかも知れないが
それしか日本の、特に政治家が着るべき公的な、エコノミカルな服装はない。
ファッションという文脈から遠く離れているところもいっそ清々しい。

外国から見て「クールビズ」は絵的には伝わらないと思われるが、開襟シャツならそれが公式軽装だということはすぐ理解できる。

猛暑がまだまだ続く。
来年も様々な意味で猛暑が続くだろう。
ここまで来たら、みんないさぎよく、開襟シャツで仕事に邁進するのが格好良いのではないかなあと、わたしでさえ思い始めている、暑い暑いお盆であります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| ファッション | COM(0) | TB(0) |
2011-08-11 (Thu)
盆休みが迫り、忙しい。
先週からさまざまな用件で忙しい。
要するに要領が悪いということだけれど。

通常の外来に加えて
月曜日までレセプト・チェックが残っていたし
夜は治験研究の打ち合わせもあった。
火曜日夜はお通夜のため宮崎へ。
水曜日夜はN市医師会と日向東臼杵郡医師会の合同理事会。

夜中はタイのプリンス・ソンクラー大学眼科に交換研修に行っている娘からのSkypeも来る。
時差が2時間あるので、向こうが午後10時だと、こちらは午前0時を過ぎる。
英語とタイ語に苦労している中にも研修の実があがっているらしいが、初日はものすごく蚊に刺されるというので心配した。
デング熱など、油断ならない。
タイの蚊は日本の香取マットくらいではなかなか退散しないらしい。
(PSUの先生方、大変お世話になっております。よろしく御願いいたしますね。)

盆休み前は内眼手術を控えて
外眼手術のみにしている。
水曜日午前の外来が押してオペ開始が遅れた。
翼状片、翼状片、翼状片、翼状片、翼状片、翼状片・・・・とオペして
午後最後の眼瞼下垂オペが終わったのが
午後7時すぎ。

理事会は午後7時開催。
30分遅刻して恐縮しながら出席。
宮崎県北の救急医療が医師の減少、負担の増加で苦しい中
意見交換し、懇親を深めることには大きな意義があるようだ。

この合同理事会は
各理事が自己紹介を兼ねて
医師会の職務の状況やジョークを言うのが習いらしく
各理事とても面白いお話をされる。

昨年も書いたけれど
まだまだ若く元気な某先生が電車の中で
過労のためか心肺停止になり、偶然、救急蘇生講習会帰りの一団と同じ電車であったため、一命を取り留めた話の続きが今年も圧倒的である。

本人いわく、そのおかげ?で
様々なところにAEDが導入されるきっかけを作られたことになっているらしい。

小生は挨拶前に
焼酎を飲んでしまったせいか
(180対1のお湯割りだったのだけれど)
なかなか頭が回らず
当院は全身救急にお世話になるばかりという負い目もあり
いまひとつ笑いも取れず、「寒い」挨拶になってしまった。

当院では年に1回程度
全員が「すべらない1分間スピーチ」をするという飲み会をしている。
先週その会を行った。
真面目な仕事の話、ほろりとする話、爆笑談、みんなとても面白く感心した。

このようなとき天然におかしみを出せる人は
最強である。

さてその会を司るわたしがすべっているのはどうしてか。
話になにか自然さが欠けているのか
などと理屈を考え始めている時点で
すでにすべっているわたしでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科診療 | COM(0) | TB(0) |
2011-08-04 (Thu)
認知症が眼科医療により大きな影響を示し始めている気がする。
(S社の広報雑誌にも他科からのコメントが載っていた)

午後の手術に入ろうとしたところで
他の病院から電話。
外来に運び込まれた高齢の姉妹が興奮していて
一人は目が見えなくなったと訴えているとのこと。
認知症あり。
当院の受診歴ありとのこと。(プライバシーのため一部内容を変更しています)

カルテを調べてみると
以前閉塞隅角緑内障発作にて来院され
苦労してレーザー虹彩切開を行った患者さんであった。

眼圧は40mmHgから15まで低下していたが
白内障も進行して、両眼矯正視力0.2となっており
閉塞隅角傾向も残っていたため
白内障手術も勧めていた。
しかし、これを拒否されて帰って行かれ
その後受診されなかったことが分かった。

精神科救急の傍ら、眼科的保存的治療、早急な受診を御願いして手術に入る。

先日も閉塞隅角による急性眼圧上昇発作にて
痛み、かすみを訴える別の認知症の患者さんを
治療した。
この方は家族も献身的に頑張ってくださって
なんとか落ち着いた。

また進行した(進行しすぎた)白内障のため
ほとんど失明状態で受診する、認知症の患者さんが増えているような気がする。

手術しかないが、協力も得られず
また家族もさまざまなご苦労ですでに疲れていて
手術も様々な意味で危険である。

水晶体核が固すぎて
小切開で手術できないことがあり
切開を開くと、協力性のない患者さんではリスクが大きく増大する。
被い布が恐怖感を増大し、患者さんが動いたりするので、大げさに言えばロデオをしながら白内障手術をするというような羽目になることもある。

以前どこかに書いたかも知れないが
20年前のある日親戚の家を法事かなにかで久しぶりに訪問すると
叔母がいないので
尋ねると痴呆(当時、痴呆といっていた)が出たのか、目も悪いのか、ぼんやりしていて
奥座敷に引きこもっているとのこと。

叔母はその時85歳。
たしかに心身ともに衰えていて
物忘れが目立つ。
懐中電灯で見ると白内障も進んでいる。

大学病院に来てもらって白内障手術を行い
視力を回復した叔母はそれから
見違えるように元気になり
99歳10ヶ月まで長生きした。

肺炎などで短期間入院したときでも
「病院はいかん。年寄りが多くて気がふさぐ。」
と自分が最も年寄りながら、意気軒昂であった。

この叔母のことを思うと
出来るだけ悪条件でも手術を行いたいと思うのだが
現実は厳しい。

全身麻酔で眼科手術を行える施設は当院から60キロ以上離れていて
核家族が田舎まで押し寄せる今
病院に連れて行ってくれる人がいない。
認知症患者さんの眼科治療、特に手術治療は大きな問題となりつつある。

さて手術も終わり、
先の病院に閉塞隅角緑内障発作の患者さん受け入れについて協議するため
(興奮状態は少しおさまっているかしらん)急ぎ電話を入れに行くわたしでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 緑内障 | COM(0) | TB(0) |
2011-08-01 (Mon)
暑く例年通り忙しい夏であります。

WGCパリから7月2日日曜日に帰ってきて
翌週は外来混雑。
患者さん達にご迷惑を掛けないようになんとか頑張りました。

7月9日土曜日 九州保健福祉大学視機能療法学科講義
(土曜日午後90分2コマ)
7月11日月曜日 宮崎県医師会健康教育委員会
12日火曜日 初期救急診療所当番
14日木曜日 宮崎大学医学部附属病院眼科診療
16日土曜日 佐賀にて埼玉医科大学関連行事と講演会
20日水曜日 日向市医師会理事会
23日土曜日 福岡にて緑内障研究会
25日月曜日 勉強会
30日-31日土日玉名市にて九州神経眼科セミナー

日向は陸の孤島というべきなので
玉名まで車で往復7時間。
なかなか大変であります。
今年は7年ぶりに家内の車が新しくなったおかげで
それでもなかなか快適なドライブではありました。

Audi社のQ5は2000ccながら洗練されたターボ・チャージャーが付いていて
静かで素晴らしくトルクフル。
山の登りもストレスなく他車を抜いてゆくことが可能であります。
最近は車に興味がなくなってきていましたが、Q5によって昔のAudiからすると本当に進化したことを実感しました。

30年前恩師のAudiは、特別だったかもしれませんが、一年の大半を修理工場で過ごしていました。
Audiクアトロというと指揮者のカラヤンさんが乗っていてものすごく高価で、ちょっとぶさいくなスタイルがかえって格好良いという憧れでした。

本当に最近のAudiそしてVWの進化は眼を見張るものがあります。
Golfも最近多くの車種を試乗しましたが、トルクがあり、しかも静か。
1.4リッターでも確かにパワフル。
20年前乗っていたGolfではまともに音楽が聴けなかったことを思うと隔世の感があります。

地道に従来からある技術を磨き続けることも素晴らしいオリジナリティにつながるということをAudiは教えてくれています。

先週の緑内障研究会では
トラベクレクトミーの改良について講演や討議が行われました。
阿蘇周辺の山道をドライブしながら
50年間こつこつ手術が改良されてきたトラベクレクトミーの今後について思いを馳せました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 緑内障 | COM(0) | TB(1) |