2010-04-30 (Fri)
忙しいと思う心はすでに妄想にとりつかれている

と経典に書いてある。

確かにそうかもしれないのだが
凡夫は「忙しい」「締め切り」から解脱できない。
このままでは自分はどうなるんだろう
というマゾヒスティックな忙しさから
なかなか逃れられない

「今]に努め励むべきなり (中部経典)

分かっているのだが
次々に難題が押し寄せてくる。

4月24日土曜日は宮崎県眼科医会講習会
熊本大学眼科、稲谷大先生の緑内障講義。

緑内障治療薬合剤のお話から始まって
ROCK阻害薬の開発エピソード
血管新生緑内障の発症メカニズム
など、難しい話は控えておられるが
豊富な基礎研究データに支えられた興味深いお話が満載であった。

懇親会で話に夢中になり
気がつくと午後8時を過ぎている。

慌ててタクシーをつかまえ
宮崎駅へ
有り難いことに(?)
四輪ドリフトで頑張ってくれる運転手さんであった。

階段を駆け上がってぎりぎりに「ホームライナー」に飛び乗る。

それから今朝までARVOのポスター作りや診療の課題に追われる。
今夜は成田へ移動予定。

外来も忙しい。
午前4時に起き、6時50分から15分間寝て再度起床という毎日である。
(少し誇張)

一昨日プログラムを見て気づいたが
私たちのポスターの並びは
タフツ大学ニューイングランドメディカルセンター
東大眼科
USCドヒニー眼科研究所
である。

いささかというか、えらくプレッシャーを感じるが「突撃」するしかありませぬ。

大きな学会前
黄金週間前には
病状の難しい患者さんが押し寄せてくる。

C 準教授の日本眼科学会会長指名講演決定(Congratulations!)の
研究課題を伺ったら
なぜか比較的珍しいその疾患が続いて受診してこられた。
複雑な疾患なので早速紹介させていただく。

網膜剥離の患者さんが来る。

眼窩蜂窩織炎の患者さんが来る。

急性閉塞隅角緑内障(急性閉塞隅角症)の患者さんが来院。

どうなっているのかしらん

各方面には大変ご迷惑をおかけしまして本当に申し訳ありません。
なにとぞご高察のほどお願い申し上げます。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科学会 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-26 (Mon)
先日学会の懇親会で某大学のT教授にお話を伺う機会がありました。

それに先立つ、昨年末の緑内障セミナーにおいて、緑内障の画像診断について、T先生は長年の研究であるHRTⅡ 
ハイデルベルグ・レチナ・トモグラフ
(視神経乳頭の陥凹や視神経乳頭周囲の網膜神経線維層を画像化して異常を検出する器械)
をテーマにお話をされました。

今は光干渉断層計(OCT オプチカル・コヒーレンス・トモグラフィー:近赤外光の反射情報によって視神経乳頭や周囲の網膜神経線維層を画像診断する器械)
の時代といって良いと思います。

この時期にその創生期から携わって来られたとはいえHRTのお話をされたのは少し意外でした。
もちろんT先生はOCTにも御造詣が深いのです。

HRTⅡのデータベースは英国の著名なモアフィールド眼科病院が提唱した、白人正常者を対象とした基準によっているので、近視乳頭が多い日本人には当てはめにくいケースがあるのも事実であり、高価な器械ですが、当院でもなかなか十分な活用ができていません。

(以前、日本眼科医会が主催したシンポジウムがあり
購入して良かったと思う高額器械はOCTがやはり上位。
HRTは開業医の中に購入者も少なく、役立つと手を挙げた医師はごく少数でした。)

しかし、今回T先生のお話を伺い、HRTを通じて、緑内障の本質とは何かということを考え直す機会を得た気がしました。

視神経乳頭の緑内障性異常としてはやはり視神経乳頭陥凹が重要であり、
陥凹自体を評価するには今もHRTⅡの手法が最も信頼性が高い。
OCTによる網膜神経線維層欠損や「流行」の神経節細胞複合体(GCC)を頼りにしすぎると、時として非緑内障の視神経、網膜神経線維層の異常を緑内障と判断してしまうこともある。

早期診断も大事だが、きっちりした確定診断がまず重要であり、無用の心配を患者さんにかけないように細心の注意が必要です。

長年のご研究に基づく確固たるお言葉に先生の地道な誠実な診療姿勢がにじみ出ていて感銘を受けました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 緑内障 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-25 (Sun)


書き漏らしていたことですが
それにしても
タイガー・ウッズが
マスターズ・ゴルフの復帰戦において
ベストポジションの4位につけたのには舌を巻きました。

優勝してもなにかちょっとヘン
悪い成績ではもっと困るという中での
4位は最高の位置だったと思います。
本人は優勝したかったようですが、素晴らしい位置にオンしたと感じました。

優勝がフィル・ミケルソンだったのも良かった。
良い優勝者がいると4位も光ります。

この困難な5ヶ月
子供時代からゴルフ・アイドルであり続けている人生を振り返り
マイケル・ジャクソンやブリトニー・スピアーズとは違う人生を構築するにはどうすれば良いのか
自らの内部と向き合わざるを得ない日々だったことと思います。

人は修羅場でこそ成長する

タイガーのリカバリー・ショットがそれを物語っているように感じました。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 生き方 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-21 (Wed)

アイスランド噴火問題が長引くと
フロリダで5月1日から開催される大きな学会ARVOに影響が出ないか心配である。
欧州の研究者が来られないと、この研究会の意義が薄れてしまう。

ヨーロッパからの航空便が日本に来られないため
ヨーロッパからアバスチンを輸入している専門病院は困っていると聞いた。

(アバスチンは眼科的にはオフラベルユースなので日本では購入できない。
日本にちゃんとあるのに。
患者さんを救うため、医師がリスクと手間を負うことになっている。
一般開業医からみて、なにかヘンな話のように思うけれど)

また敬愛するK先生はWHOの会議のため、ジュネーブに行くはずのJALがキャンセルとなり、大変困っておられた。

欧州各地の空港で一部運航が再開されたとのことだが
安全な旅を祈りたい。

そして世界の眼科研究者が無事にフォートローダーデールに集まれますように。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 医学研究 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-18 (Sun)
-美容室と開業医-

日本眼科学会出席のため土曜日夜、名古屋へ。

宮崎空港 魚山亭にて慌ただしく、チキン南蛮を食べ
最終便で名古屋へ。

名鉄特急にて名古屋駅。
隣のホテルマリオット名古屋アソシアへ。

近くに成城石井という紀伊国屋小型版みたいなスーパーがあり、食材が洒落ている。
少しばかり夜食を購入。
田舎にはこういうスーパーはないのでちょっと嬉しい。

ホテルはとても立派だ。
土曜夜のせいか、不景気など感じられないほどお客さんが多い。

少し仕事をして寝ようとすると
たまたまNHK「着信御礼!ケータイ大喜利」があっていた。
27万通もリアルタイムで応募がある。

「この美容室、来るんじゃなかった。」その理由とは?

というお題に

「シャンプーの時、風呂場に連れて行かれる」

という投稿につい笑ってしまった。

ある先生のご実家が内科の開業医で
昔は
患者さんの検尿があると
患者さんは子供たち(その先生)がご飯を食べたりしている居間を通って
院長自宅のトイレに採尿にきていた

という話を聞いて
こちらはちょっとほのぼのする話だなあ、と感じたことを思い出した。

日本では開業は家業であった。
その先生は診療も子供の頃から手伝っていたとのこと。

いまはそのような光景はあり得ないけれど
そのような時代には
現代の医療が失った(かもしれない)
なにか夕焼けのような暖かい日の光があったのではないかなあ
と思うのでありました。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(3) | TB(0) |
2010-04-15 (Thu)
眼科医療とフリー(すみません。題字が読みづらくて。改善中です)

「フリー」 クリス・アンダーソン著 NHK出版

話題の本ですが、昨年、店頭に並び始めたのと同時に読んでみました。
それから4ヶ月、時々「フリー」の問題を考えています。

クリス・アンダーソンは無料のルールを10項目挙げています。

そのうち3つの項目が気になります。

1.デジタルなものは遅かれ早かれ無料になる。

2.フリーは止まらない。

3.遅かれ早かれフリーと競い合うことになる。

これは医療においてどういう意味を持つのでしょうか。

彼は以下のように書いています。

「低い限界費用で複製、伝達できる情報は無料になりたがり
限界費用の高い情報は高価になりたがる。」

この本は一時的にコピーが期間限定で無料公開された。
そのため「皆さんはオンラインで本書のコピーを無料で読める」

しかし「私が皆さんの町まで行って皆さんのビジネスに合ったフリーに関する話をするのは別だ。」

「皆さんは私の『稀少』な時間に対してお金を払うことになる。私は子沢山で学費も高いので、私への報酬が無料になりがたることはない。」

さて

一般的な医学知識はフリー(無料)になりたがるが
評価の高い医師から個別にコンサルトを受ける医療は高価になりたがる

のでしょうか。

公的医療保険の元では上記のようにならないような枠組みがありますが
プライベートな、コンシエルジュ的な医療は確かに高価になりたがるのかもしれません。

そしてそれが日本で得られなければ
(得られないのが悪いというのではありませんが)
海外でコンシエルジュ医療を受けたいという人は増えてゆくような気がします。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 医療問題 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-14 (Wed)
新年度にあたり

というわけでもないのですが

当ブログの体裁を変更してみました。

どうでしょうか。

なにかちょっと女性的(死語かも)ですか?

題字の色設定など訂正予定です。

もう少しカイゼンしてみたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 日々の出来事 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-14 (Wed)
ヤンキースタジアムにおける松井選手の歓迎され方には本当に驚きました。

彼の実力と人柄の賜物ですね。
ちょっと信じられないくらい。
感動しました。

アメリカの「社会」にあれだけ受け入れられている日本人はほかにいるでしょうか。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 野球 | COM(1) | TB(0) |
2010-04-11 (Sun)
4月11日日曜日早朝
スペイン・サッカー
マドリードでのクラシコ
FCバルセロナ対レアル・マドリードを観る。

バルセロナがクラシコ連勝。
パスのスピード(球が速いだけでなく、いるべきところに人がいる)、シュートの技術にいつも眼を見張らされる。

先日は日本代表がセルビアに0対3で敗れた試合を見ながら、サッカーの難しさ、厳しさを痛感。

岡田監督自身も会見では冷静に話されていたが、内心は大変もがいておられるはず。
いつも冷静に前向きなお話をされることに感心する。

「ゴールは偶然の産物ではない」
フェラン・ソリアーノ著 アチーブメント出版
は、FCバルセロナの経営について元最高経営責任者が述べた本。
5刷を記録している。

ソリアーノ氏は
組織のマネジメントおよびサッカーにおいて
勝つチームにかかせない3つのタイプを上げている。

1. 先見者
2. ノー博士(007ドクター・ノオのもじりか)
3. 実行家

先見者は、将来を見据え、他の誰よりも早くどこへ行くべきかを洞察し、そこへたどりつく能力を持った人物のこと。

チームで言えば他の選手が感知できないような相手の動きを見越して動く攻撃的ミッドフィルターやフォワードを指す。

ノー博士はその名称が示すように「ノー」と言える人のこと。

先見者の計画にストップをかける、つまり提案は実行不可能だと先見者に告げる役目の人物。
サッカーでは守備的なポジションを指す。

実行家とは計画を実行に移す人。
先見者とノー博士が意見を戦わせた後、実行家はその決定を受けて、目標に到達するための最善の方法を探し、それを実現する。

試合における実行家はピッチ上の監督といったタイプであり、守備的なミッドフィルターを任されることが多い。

代表チームは国内の選手の中から選抜を行わないといけないのが悩ましい。

岡田監督もフィールドの上の先見者・ノー博士・実行家を求めて続けているのだと思う。

田舎の診療所の院長であるわたしは、ごく限られたhuman resourceの中からどう先見者、ノー博士、実行家を見出し、育成するのか、頭を悩ませている。

チーム・マネジメントにおいては、経営者や院長は常に先見者の役割を担う。

選手・職員は監督や院長が思っているより才能を持っているはず。

それをどう見出し
気付かせ
引き出し
伸ばすのか。

サッカーだけに、頭をどう使うのか。

ゴールは偶然の産物ではない。
The ball doesn’t go in by chance.

医療チームにも通じる興味深い問題であります。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |
2010-04-10 (Sat)
Glaucoma Research Society 2010 京都
正会員は100名足らずで厳しい審査があるクローズドの学会。
小生はおまけとして参加を許された。

3月31日水曜日から4月3日土曜日まで出席。
会場はホテル京都オークラ。

当院の外来をすべて休む訳にはいかないので
まず水曜日の夜のレセプションから
木曜日は全日学会出席。

レセプションの後は疲れを取って明日からの学会に備えるべきところ、すでにフルスロットルの某先生と一緒に7名ほどで近くの小料理屋さんへ行くことに。
話が弾み、たけのこが美味しかった。

木曜夜はギオンナイトツアーをさぼって
最終便で宮崎へトンボ帰り
金曜日早朝から昼まで外来
すぐに宮崎からボンバルディア機で京都へ取って返し
夕方夕食会。

土曜日は全日学会
夜はガラディナーというスケジュール。

学会は参加者個別の研究発表はなく、午前8時から午後5時過ぎまでモデレーターが提示したテーマに沿ってひたすら討論が続くという恐るべき学会。
脳と耳がへとへとでクラクラした。

みなファーストネームで呼び合うので、ジョンとはだれか最初は分からない。
ああ、あの人があの先生かと分かってくると、来ている正会員がみんな教科書や論文で頻繁に名前を見ている、まことに高名な緑内障研究者(clinical scientist)ばかりで驚いた。

昼食をしていてある先生と話していたら横から話しこんできた医師が興味を持っていた眼遺伝学のF 医師。
アイオワの眼遺伝学研究所のホープというかスター。
想像したよりずっと若くナイスガイ。
いろいろと教えてもらって勉強になった。

水曜日にレセプションに出た時は最初場違いな感じで胃が痛かった。
おそるおそる日本の先生たちや知り合いの外国の医師と話しているうちに慣れてきた。
そうなった後は個人的に話す機会を戴けるのが何物にも代え難く、これがクローズドの国際学会の醍醐味なのだなあと実感。

討論では世界の眼科医は様々に意見が違うことも感じた。
また皆グローバルな視点で緑内障治療の今後を捉えている点にも感心させられた。

土曜日、京都は桜が満開。
ガラ・ディナーが終わった後、祇園白川の夜桜を楽しんだ。

主催のT大学始め、お世話になった先生方に感謝。

GRS京都2010 記念写真集1
(GRS京都2010 記念写真集1)


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 緑内障 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-03 (Sat)
インターネット講義準備に追われながら
熊本眼科集談会(3月27日土曜日)に参加。

この会は日本で最も古い眼科地方会である。

熊本の眼科医は特に真面目な人が多いので
地方会というのに会場も独特の緊張感がピーンと張り詰めている。

小生は視神経上方部分低形成と正常眼圧緑内障の合併について
話した。

このところ同じような内容を話しているが
場所を変えて何回か話さないと
誰も関心を持ってくれず
理解もされず
埋もれてしまうこともあるように思う、とちょっと自己弁護。

同門会懇親会では大先輩の先生方がお元気なのに
驚かされる。

敬愛するI先生は
最近、日曜日朝のNHK教育番組がお気に入り。
外国人の評論家が大和心を深く理解して
万葉集を解説、鑑賞するさまに感心するとしきりに首をふられる。
そのお姿が若々しい。

二次会は同期のもの同士で
小料理屋へ。

焼いた空豆がほくほくでとても美味しい。

空豆

入局以来年月がたつと
さまざまなことが起こり
みなそれぞれに頑張っている。

坐禅に通っていた同期生は二次会の間中、自然に正座していた。
彼のたたずまいの端正さに舌を巻いた。

明日は熊本城の桜を見て日向に帰る予定。

ホテル日航熊本にて爆睡。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科学会 | COM(1) | TB(0) |
2010-04-01 (Thu)
4月1日
とうとう新年度が始まる。
3月の年度末からとても忙しい。

宿題がたまっているせいである。
特にK大学の視能訓練士養成別科のインターネット講義収録が想像以上に大変だ。
90分2コマ、計180分。

毎年180分講義を4回行っているので
なんとか出来ると思ってお引き受けしたけれど
力不足は否めない。

通常は神経眼科、小児眼科を講義し
それなら講義し慣れている(?)のだが。

今回は緑内障講義。

新しく内容を作るので準備に想像以上の手がかかる。
春休みなので外来も子供さんが多く忙しい。

一回目の録画はうまく出来ず、お願いしてもう一度録画しなおすはめに。
(外来終了が遅くなってしまい、午後8時近くから収録開始。遅くまでお付き合いいただいた関係者の皆さま申し訳ありません。)

再録画の日は完全徹夜で準備となってしまった。

インターネット講義の場合
眼の前に学生がいないので
彼らをイジルことができず、講義のメリハリがつきにくい。
パワーポイントを見ながら、声を聞いているだけでは、学生は眠たくなるかも。
しかし緑内障は画像資料を見せないと講義にならない。
講義レベルの設定も難しい。

あと、もうひとコマ残っている。

現在、緑内障の国際学会のため京都にいて
学会自体でも忙しい。

講義対象の社会人学生と彼らを支援してくださる勤務先の院長やご家族のために良い講義をしなくてはとねじり鉢巻き(?)でがんばらねば。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 教育 | COM(0) | TB(0) |