2011-02-04 (Fri)
Number誌1月27日号は
イチロー選手の食についての特集
(書きためたままだったのでアップが遅くなりまして恐縮です)

カレー伝説は誤報であると昨秋伝えられたが
ユンケルは16年一日も欠かさず飲んでいるらしい(p 17)。

わたしもユンケル・ファンなのだが
自分自身、ドリンク剤やサプリメントを連続して服用することのリスクを考えることがある。
(これはさらに厳しい検査を受ける医家向けの一流製剤メーカーによる、長期連用を目的とした治療薬剤についての話ではないことをお断りしておきます。)

プロ選手のルーティーンとして同じ安全な(調理した)食材をとることは、特に米国においてはイチローらしい態度として興味深いけれど、

眼科医としてはどうしてもSMON病につながったキノホルム事件
(一般整腸剤として認可されてしまったキノホルムがSubacute myelo-optic neuropathyを引き起こしてしまった事件
Reisaku Kono: Relation between Subacute Myelo-Optic Neuropathy (S.M.O.N.) and Clioquinol: Nationwide Survey, The Lancet, Vol 301, 1973, pp. 171–173)や

S電工のトリプトファン事件を思い出す。
(S電工が遺伝子組み換えで作った、[トリプトファン](アミノ酸の1つ)の中に不純物が含まれており、それにより、38人の死者も含む、何千人もの被害者を主として米国において出した事件)

製薬会社当事者が万全を期していても、偶発的に問題となる要素が入ってしまうということはあり得るという事例である。
これは小生も愛用するユンケルを誹謗するのではなく、偶発的な事故はあらゆる「サプリメント」に起こりえる問題であり、これを常にゼロにするようにメーカーは大変な努力を重ねているのも事実。

それでも、日本の至宝、イチロー選手には時には、ドリンク剤くらいと軽く考えずに、沢山あるユンケルブランドの中ででも良いから銘柄を変える方が良いのではないですか、と老婆心ながら思う。
正直なところ、わたし自身もそう言いながら自分自身、時々飲む場合には飲み慣れた銘柄をなかなか変えきれずにいる。
ユンケルのようなドリンクは漢方製剤を含むので
自らの生理条件に合うドリンクははっきり分かれるからではないだろうか。

Number誌のイチロー特集を読みながら、几帳面に同じ会社の同じサプリメントをとり続けることの偶発的なリスクについて余りナイーブではいけないのではないかと、ちょっとばかり気になったところでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| スポーツ | COM(0) | TB(0) |
2011-01-26 (Wed)

アジアカップ日韓戦
本当に最後の最後で
PK戦に持ち込まれ

押されぎみの雰囲気の中
本田選手がPKを決め
キーパー川島が三連続セーブで韓国に完勝。

本田選手がPKにおいて
「もう一度真ん中に蹴る勇気はまだなかった。」
インタビューがちらりとビッグマウスだったのも良かった。
ありがとう!
ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| スポーツ | COM(0) | TB(0) |
2010-10-23 (Sat)
和田にどうしてストライクから入ってしまったのか。

8回裏2アウト
山口が2ストライク2ボールの後、投げ込んだアウトコース一杯のストレートはストライクだった。
これをボールと判定されて、なぜ原監督は抗議しなかったのか。

「情報7daysニュースキャスター」にチャンネルを変えた途端
安住アナウンサーに
「胸くそ悪くてチャンネルを変えた巨人ファンのみなさん今晩は!」
と言われて笑ってしまった。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| スポーツ | COM(0) | TB(0) |
2010-09-01 (Wed)
日向市はサーフポイントに恵まれている。
全日本医学生サーフィン大会も当地で長年開催されているので
サーファー医師に日向というか
小倉が浜(おくらがはま)の名はなじみ深いかもしれない。

当地のM病院の先生が地元の伝説のサーファーであり
おそらくそのご縁もあって医学生大会が開催されているものと推察する。
有り難いことであります。

一年中サーファーが来ているけれど
やはり夏は多くのサーファーが小倉が浜を目指す。

そして時に
サーフィンの途中で
眼の具合が悪くなり
当院を受診されることもある。

先日はサーフボードで上眼瞼を切った患者さんが来院した。

みんな午前3時頃に九州各地を出て
日向にやってくる。
女性も多い。
疲れもあるだろう。

ちょっとしたバランスの崩れで
サーフボードで外傷を負ってしまう。
開放性眼外傷の報告もある。

Surfing-related ocular injuries

サーフボードの先端が鋭くなっていると
外傷を起こしやすいかもしれない。
眼外傷の専門家は
先端を丸くするか
ゴムなどの安全装置を装着することを勧めている。

フィンももちろん注意が必要。

ある患者さんは
早朝サイドウィンドウを開け放しで
車を飛ばしてきたためか
ドライアイと季節的アレルギー性結膜炎が急性悪化。

眼の痛みと充血が激しく
Good waveを目前にしながら
リタイアされていった.。

まことにお気の毒である。

折角日向に来てくださるサーファーの皆さんが
安全に楽しくサーフィンを楽しめるようにといつも祈っています。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| スポーツ | COM(3) | TB(0) |
2010-07-14 (Wed)

病状が安定しているとき
カルテにstableと書くことがあります。

安定狭心症は
Stable angina pectorisですよね。

相撲界の賭博問題がかまびすしいのですが
NHKの英語ニュースを見ていたら
相撲部屋というのは
Stables
というのですね。

Stableには馬小屋という意味もあって
力士の大変さが覗えます。

ちなみに親方はMaster。

安定しているはずのstablesに賭博の火の粉が飛んでunstableでは残念です。

相撲は日本ではある意味最もウィンブルドン化しているスポーツであり
もっと違う「マーケティング」があっても良いと思います。

そしてまた、子供の頃、地元の名士の家に横綱が招かれて大変豪華な宴が開かれたことを覚えています。
相撲は古来神事でありました。
相撲界の再出発に期待しています。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| スポーツ | COM(0) | TB(0) |
2010-06-27 (Sun)
1986年ワールド・カップの栄光の後
薬物中毒に陥り
はちゃめちゃな言動と肥満体の印象が強かったディエゴ・マラドーナ。

今大会ではアルゼンチン監督として颯爽とスーツを着こなし
どんなにメッシが頑張っても
自分の方が目立ってしまうマラドーナ。

マラドーナに関するエピソードを思い出した(海外の学会で聞いた話)。

ロンドンの一流大学医学部眼科に留学していた
アルゼンチン出身のA医師。

ある日友人とレストランで食事をしていた。
そこへ友達がやってきた。

「今、マラドーナと奥のテーブルで食事しているんだ。
挨拶に来るかい?」

急に緊張した面持ちになった
超インテリでジェントルマンのA医師

早速友人についてゆくと
本当にマラドーナが食事をしていて
笑顔で迎えてくれた。

その瞬間、エリートから
ただのサッカー少年に戻ったA医師は
膝まずき
「オー、マラドーナ!マラドーナ!!」
と手を合わせて拝み始めたのであった!?

cf
マラドーナ伝説 眼科編1


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| スポーツ | COM(0) | TB(1) |
2010-06-20 (Sun)
6月19日土曜日
午後から日向市東臼杵郡医師会総会
特別講演は
日向市の若山牧水記念文学館館長
読売文学賞受賞者の伊藤一彦先生。

小生は学術担当理事なので
司会を務めたが大変面白いお話であった。
若山牧水HP

そのお話は次に書くとして
午後6時から寿司源にて懇親会。

今日はワールドカップ、日本対オランダ戦を見るべく
懇親会も早仕舞い。

理事の某先生に誘われて
ご自宅にてサッカー観戦。
10人くらいが集まり
始まる前から賑やかであった。
(大変お世話になりありがとうございました。)

オランダ・チームが入場してきて
気づいたのは
胸にオランダだけではなく日本の国旗があしらってあること

これはイカン。
案の定、日本は日本の国旗だけである。

オランダの強さ、懐の深さをすでにそこに見た気がした。
(もちろんインドネシアに対するオランダの態度に見られるようにそれはただのナイーブな気配りではないのかもしれないけれど)

オランダ選手は試合前のインタビューでも
慎重な言い回しで
親善試合において圧倒したはずの日本チームに敬意を払ったコメントを繰り返していた。

試合は前半日本が素晴らしい守備をして
零対零を保ち、そこで帰宅し、後半は家内と善と2人と1匹でと観戦。

フランス、ドイツに囲まれ
ベルギー、ルクセングルグと隣り合わせの国は
その多様性から育まれた思慮と強さとを以て怒濤のように押し寄せてきた。

日本は大健闘だったと思う。
しかし敗戦と引き分けと勝利とにはそれぞれ百億光年の違いがあることをワールドカップは思い知らせてくる。

次のデンマーク戦も相手が遙かに格上であることを冷静に見据えながら頑張ってもらいたい。
格上を相手に戦うということはある意味胸躍ることでもあります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| スポーツ | COM(0) | TB(0) |