2013-02-14 (Thu)


「型破り」で勝つ私の流儀(イーライ・ブロウド著 田中祐輔監訳 日本文芸社)

ブルームバーグニューヨーク市長の前書きつき。
ビル・クリントン元米国大統領も推薦。
正月休みに読んだけれど、ブルームバーク氏が言うように「不可能を可能にしようと思ったら、何よりもまず非常識でなくてはならない」という言葉を実践した企業家であり慈善事業家の本。

大変おもしろく読みました。

・・・子供はすぐに、「それ、いいじゃないか!」と言う。
ところが大人になると人はこの言葉を言わなくなる。
現状を受け容れてしまうからだ。
他の人が「答えはもう出ている」と思っている中で、一人この言葉を発することのできる人間だけが、未知への扉を開くのだ。・・・

医学研究でも医療関係の業務でも
なにかアイデアを出すと
それは以前失敗した
とか、それは現実的ではありません
などの反応が返ってくる。

それいいじゃないか!でとにかく試みてみる
もちろん失敗もある
けれど失敗してみると
物事が良く分かる。

最近ある医療職を新しく採用してみたら、業務上思いがけない問題点が出てきてうまく行かなかった。
あまり急ぐ必要はなかったけれど
懸案に対してとにかくアクションを起こしてみたのだが
いろんなことが分かって大変有り難かった。
書類をみながら頭を巡らしていても分からないことが実際に失敗するととても良く分かる。

小生、手術や薬物治療に対しては非常に慎重派なので新しい技術に飛びつくことはないのだけれど、

(そのために自分の患者さんを相当守って来ることが出来たと言う自負もあります。
反応が鈍いだけと言われればそうなのですけれど)

なにかが納得できない、という気持ちを抱いて採用をぐずぐず引き延ばしたくなる新治療には思いがけない落とし穴が、ごく稀ながら、後に判明することがあるように思います。

それに比べて病院運営業務の改善は、通常、患者さんに危険を与えるものがないので、とにかくやってみて
失敗してもそこから学んで方向性が見えてくることが多いため
まだ何もしないままよりはるかに有益と
いつも思います。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |
2012-12-25 (Tue)
12月25日火曜曲
AKB48 2012全シングルメドレーを視ながら
最近読んだ「AKB48白熱論争」を思い出しました。
「AKB48白熱論争」 (小林よしのり 中森明夫 宇野常寛 濱野智史 幻冬舎新書)

ただのお嬢さん?(ではなかったとは思いますが)だったAKBのみなさんもそれぞれ魅力的になり、しゃべりも踊りも出来るという、臨機応変なエンターテイナーになり、その成長プロセスというか、「泥臭い」教育方法というかプロデュース手法には院長として学ぶべきもの?がありそうです。

それから旧聞に属しますが指原問題の対処は興味深いと思われた方も多いのではないでしょうか。

スキャンダルが暴露された指原莉乃さんをペナルティーとして即日HKTへの移籍を命じたというのを、著者らは「神の一手」と呼んでいます(笑)。正直わたしも確かにそうだと思います。
優秀なスタッフが問題を起こした場合、どう処分するのかという問題は組織の大小を問わず、重要かつ難しい問題であります。

火曜曲などではAKBに指原さんが入ると急にチームが賑やかになり、良い意味で色っぽくなる感じがします。けして美人ではなかったはずなのに、何が本人を魅力的にしているのでしょうか。
指原さん自身がアイドルオタクであったこと、および秋元康さんに放送作家になれ、と言われるなど、プロデューサー力があるらしいと書かれています。組織マネジメントの観点からも?指原さんの今後の成長に注目しています。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |
2012-05-01 (Tue)

最近BBCワールド・ニュースではLondon CallingというオリンピックのCMを放送している。
さてLondon Callingとはどういう意味かしらん。

調べてみると
BBCの「こちらロンドン」という放送開始の呼びかけ、らしい。
ロックバンド・クラッシュのLondon Callingも
これはパンクな歌ではあるけれど
音楽的なイメージの中には入っているのかもしれない。

London calling to the underworld
(中略)
The ice age is coming, the sun’s zooming in
Engines stop running, the wheat is growing thin
A nuclear error, but I have no fear
Cause London is drowning and I, I live by the river

という、ある種予言的な歌であります。

小生、4月29日日曜日に宮城県南三陸町に行ってきました。
日向市に住むわれわれも地震・津波に対する対策というのか、防災思想の根本的転換を迫られています。このため、やはり自分の眼で見ておくべきだと思っていたのであります。

南三陸町では数キロにわたって家屋が流されて消失しており
堅固であった防潮堤は破壊され
今も瓦礫が積み上がり
黒い機関車が大きな鯨のように痛ましく横たわり
流される直前まで避難を呼びかけた女子職員の防災対策庁舎は傾いだ赤い鉄骨のみとなって墓標のように立っていました。
防災庁舎の報道

小学校の生徒たちが難を逃れた
五十鈴神社はかなりの高台(標高20-30m?)にありますが
その鳥居まで水が押し寄せた跡がありました。
小さく赤く見えるのが鳥居です。
五十鈴神社関連ブログ

By the seaというか、天然の良港である細島港を抱えた日向市に住む小生も、しかし、現場で見ても、これをなお現実のものとして実感することはなかなか困難でした。
それほどまでに想像を超える災害であります。

懸念される南海地震における津波の予想は、東日本大震災を予想しきれなかった地震の専門家達に、余り推測で言ってはいけませんが、より厳しい予測をさせるバイアスがかかっている可能性があるかもしれません。
医学的にも様々に同様の事例があるからです。

とはいえ、想定以上の津波が来た場合には、とにかく人命を救って、われわれも生き残り、その後どう立ち直るのか、どう生きてゆくのか、という最悪のケースを想定した徹底的なシミュレーションを行うべきだということだけは、良く分かりました。
そこから見えてくる希望と安寧もあるはず。

今回、小生は東京駅からくりこま高原駅まで新幹線に乗り、そこから南三陸町へ車で行きました。
半日ガイドしてくださった志波姫タクシーのKさんに御礼申し上げます。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |
2011-12-19 (Mon)
月曜日
忙しい外来をなんとか終了し
後を御願いして
歯科医院へタクシーを飛ばす。

検査が終わって医院から出て
しばらく歩く。
優れた歯科医院には学ぶべきものが多い。
歯科は自分の得意分野をしっかり絞り込んでいる先生が多い。

歯科医院から
東に二つめの小さな交差点で立ち止まる。

そこには
天啓のように
スナックが看板を掲げていた。

カラオケスナック
現場帰り

どうです
すごいでしょう。

わたしは
ある種すがすがしい
絞り込みの神髄をそこに見たのでありました・・。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |
2011-04-01 (Fri)
原発問題は問題解決の技法についてさまざまなことを問いかけています。

僕の代数は学校で教わったのではなく、屋根裏の物置で見つけた叔母の古い教科書を自分で学んだものだ。
おかげで
問題の目的は要するに x が一体なんであるかをつきとめることにあり
その答をどのやり方で出したかなどどうでもいいんだということを悟ることができたのは、実に幸運だったと思う。
リチャード・ファインマン

福島第一原発の困難な状況について日本の関係者がそれぞれの思惑や立場を捨てて、さまざまな解法をトライすることを期待したいと思います。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |
2011-03-29 (Tue)
先週土曜日、熊本眼科集談会の発表を無事?に終えて懇親会へ。
先輩に涙液と房水の研究について話を伺ったり
若い開業医とマルチフォーカル・レンズについて話したりしているとなにも食べる暇がない。
その後、同窓の友人達と干物やピザが美味しい居酒屋さんへ繰り出した。

気兼ねがない同窓と話すと、可笑しいくらいみんな悩み?が共通している。
女性軍は、言って良いのかしらん・・
更年期の問題。

男性軍は仏壇の問題である。トホホ(笑い)。

そんな年齢になったのでありますね。
しかし勉強になるなあ。

深夜まで話が弾んでホテルに帰り
さらに同じホテル宿泊の先輩O先生に一同で表敬挨拶?をして
午前2時に就寝。

翌朝日曜日朝NHKの将棋番組を眺めていた。
対局していたのは羽生さん。

先日読んだ彼の本を思い出した。
眠る暇もない菅直人首相に羽生さんの言葉を届けたい。

次の一手の決断プロセス(直感・読み・大局観)

① 全体図を把握する、理解すること。全体を大雑把に、概要として理解するのが最初のアプローチ
② 明らかにプラスにならず、マイナスにしかならないという手を瞬間的に捨て去ること
③ 幾何学的なアプローチとして、その局面を「形としてどうか」という目で見ること
④ ピントを合わせるように、どこが一番のポイント、急所なのかを、瞬間的に選択すること

「結果を出し続けるために」 羽生善治著(日本実業出版社)


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |
2011-03-13 (Sun)
震災に伴う原発事故報道があいまいなのにいささか懸念を覚えている。

福島第1原発での水素爆発についてのニュースは当初、テレビ各社とも爆発前と後の写真のみを出していたが、同時間帯すでにBBCやCNNでは爆発する動画情報を流しており、日本の報道ではこのように微妙な情報操作?が行われるのだなあと感じた。

本日朝のTBSニュースでライブ中継した安全保安院の説明も、お疲れとは思うが、ぶっきらぼうにさえ聞こえた。テレビ中継があっているのに、文書に書いてあるとおりです、というような説明にも驚く。
視聴者に無用の心配を掛けたくないという親心と不都合なことをあえてふれないでおこう(さらに言えば隠せれば隠したい)という気持ちとは紙一重ではないだろうか。

医療では根拠のない楽観は強く戒められている。
われわれ医師の手術に関するインフォームドコンセントでも患者さんを心配させすぎるといけないかもしれないという気遣いから、ごくごく稀な、しかし深刻な合併症について触れることには勇気がいる。
しかし医療においては稀なものでも重篤な合併症については説明がきちんと行われていないと医療として成立しない。

素人ながら世界の原子力発電に果たす日本の役割、責任は大変大きいと聞く。
各国の専門家の参加も受け入れ、この未曾有の事態にも適切に対処しえれば、かえって日本原子力技術の評価は高まると思う。
原発事故について丁寧な説明と現場の安全と御健闘を祈るものであります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(1) | TB(0) |
2010-05-25 (Tue)

業務をいかに早く定時に終わるか
というテーマは医療現場でも大事な問題です。

眼科開業医の現場では
たとえば患者さんの都合が良い夕方に患者さんが集中して
最終的に業務終了が遅くなることがあり
職員も大変です。

ところが、なかなか根本的な解決策がなく、

(医療現場では医療自体を切り詰めることは出来ません。
また、業務が終了しかけた時間帯でも急患の電話を受ければ、原則として受け付け、職員と医師が待機します。
僻地からの患者さんは来院まで1時間以上かかることもあります。
わたしはいくら遅くても頑張る医療文化の中に生きて来ましたが、女性医師や職員は物理的にも退社が遅くなると大変です)

☆ 部下を定時に帰す「仕事術」 佐々木常夫著 WAVE出版

この本も正直なところあまり期待せずに本をめくりました。

ところが、著者は子供さんが自閉症であり、また妻がうつ病になるという困難の中、朝5時に起きて子供の弁当を作り、妻の看病までした上で東レの経営陣に昇りつめたというすごい経歴の持ち主です。

「プアなイノベーションより優れたイミテーション」
という言葉など、厳しい現場体験から生まれた言葉が貴重です。

ソニーに追いつき、遙かに凌駕したサムソンもこの言葉の権化ですし
(悪い意味で書いているのではありません。
イミテーションを極めているとそこから自然に本物のイノベーションが生まれてきます)
手術も同じではないでしょうか。
昔、ある新進気鋭の教授の緑内障手術が師匠とまったく同じ手順であることに深く感銘を受けたことがあります。

外科医は手術に熟練してくると、術式をあれこれ変えたくなるのではないかと思いますが、ひとつの型を極めてゆく素直さ賢明さに、なかなか出来ないことだと学ばされました。

さて仕事術に戻ります。
詳しくは本書を読んでいただくとして
最も傑作なエピソードは社員の結婚式における主賓を頼まれた時のこと。

最近は仲人を置かないことが多いため、主賓はスピーチの中で花婿の紹介もしなくてはなりません。

著書は花婿をよく知っているのは誰かと考えて、それは花婿であるという結論に達し、花婿を呼んで彼に自分自身を思い切り褒めた挨拶原稿を作るように命じます。

原稿を見て、更に子供の頃のことを書き加え、もっと褒めるようにと指示。
それを元に作ったスピーチはご両親にも大変好評で感謝されました。

「それはそうでしょう、なにしろ書いたのは本人自身ですから」
という記述に笑いました。

このお話はちゃっかりしているようで、実は忙しい人の仕事の要諦を表わしているように思います。
いくつかの場面で応用できそうな気がします。

今日も山積みになっている、あなたが書かなくてはならない書類。

その内容を最もよく知っているのは誰ですか?


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |
2010-04-11 (Sun)
4月11日日曜日早朝
スペイン・サッカー
マドリードでのクラシコ
FCバルセロナ対レアル・マドリードを観る。

バルセロナがクラシコ連勝。
パスのスピード(球が速いだけでなく、いるべきところに人がいる)、シュートの技術にいつも眼を見張らされる。

先日は日本代表がセルビアに0対3で敗れた試合を見ながら、サッカーの難しさ、厳しさを痛感。

岡田監督自身も会見では冷静に話されていたが、内心は大変もがいておられるはず。
いつも冷静に前向きなお話をされることに感心する。

「ゴールは偶然の産物ではない」
フェラン・ソリアーノ著 アチーブメント出版
は、FCバルセロナの経営について元最高経営責任者が述べた本。
5刷を記録している。

ソリアーノ氏は
組織のマネジメントおよびサッカーにおいて
勝つチームにかかせない3つのタイプを上げている。

1. 先見者
2. ノー博士(007ドクター・ノオのもじりか)
3. 実行家

先見者は、将来を見据え、他の誰よりも早くどこへ行くべきかを洞察し、そこへたどりつく能力を持った人物のこと。

チームで言えば他の選手が感知できないような相手の動きを見越して動く攻撃的ミッドフィルターやフォワードを指す。

ノー博士はその名称が示すように「ノー」と言える人のこと。

先見者の計画にストップをかける、つまり提案は実行不可能だと先見者に告げる役目の人物。
サッカーでは守備的なポジションを指す。

実行家とは計画を実行に移す人。
先見者とノー博士が意見を戦わせた後、実行家はその決定を受けて、目標に到達するための最善の方法を探し、それを実現する。

試合における実行家はピッチ上の監督といったタイプであり、守備的なミッドフィルターを任されることが多い。

代表チームは国内の選手の中から選抜を行わないといけないのが悩ましい。

岡田監督もフィールドの上の先見者・ノー博士・実行家を求めて続けているのだと思う。

田舎の診療所の院長であるわたしは、ごく限られたhuman resourceの中からどう先見者、ノー博士、実行家を見出し、育成するのか、頭を悩ませている。

チーム・マネジメントにおいては、経営者や院長は常に先見者の役割を担う。

選手・職員は監督や院長が思っているより才能を持っているはず。

それをどう見出し
気付かせ
引き出し
伸ばすのか。

サッカーだけに、頭をどう使うのか。

ゴールは偶然の産物ではない。
The ball doesn’t go in by chance.

医療チームにも通じる興味深い問題であります。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |
2010-02-07 (Sun)
トヨタのリコール問題について

CNNを見ていると(米国の地上波で)トヨタ・バッシングが激しいことが報道され続けている。

日本ではメディアのトヨタに対する遠慮?もあって報道が控えめだ。

この件は政治的バッシングの色彩も帯びていることが米国外から報道され始めている。

もちろんトヨタの問題点も大きいのだと思われ

擁護するつもりはないが

CNNの日本特派員もラフード運輸長官などの対応も含めてトヨタにやや同情的な面を見せている。

(このようなときにはCNN日本特派員が(おそらく)韓国系であるということも、たまたまかもしれないが、日本の国際的な人材の不足を痛感する。)
アクセル問題はGMも同様である

以前ダイムラー・ベンツが小型車で横転事故問題を起こした時に、当時高価だったABSを全車に付けて安全性を確保したことを思い出す。

トヨタは内部留保があるはずだからそれをしっかり活用し、
(創業期に倒産しかけたことを思えばなんでもできる)

日本からも多くの技術者を送るような具体的な動きを報道させ、広報し
迅速に、徹底的に、歴史的な、かえって得をしたと言われるような補修を行い

日本の誇り(いまやトヨタは日本の将来のリトマス試験紙となっているのかもしれない)を守って、

というか、これを奇貨として内(内部引き締めの良いチャンス)にも外にも攻めていただきたいと思います。




ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |