2014-12-23 (Tue)
いつも魅力的な笑顔の某先生は大きな病院の経営者である。

ある日、所要にて熊本市に病院車で出かけると
交通規制が敷かれようとしていて人出が常でない。
ホテル日航熊本に近づくにつれ
人の波はいや増し
人々はなぜか自分の車に日本国旗を振って敬意に満ちた視線を送ってくる。

そう、
彼女の車はセンチュリーであり (センチュリーロイヤルとは別物であるが、遠目には御車のように見えなくもない)
天皇陛下御夫妻の御到着を待つ人々の前を
彼女の運転手さんはしずしずと運転していたのでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 日々の出来事 | COM(0) | TB(0) |
2014-02-16 (Sun)
さて先週末、雪にご注意とはいったものの
日向市の当院から30分もしない地域の患者さんまで来院できなくなってしまったのにはびっくり。

木曜日に外来手術した患者さんは金曜日、土曜日と診察する予定なのでありますが、南郷から山間部に上がる地域の患者さんたちが来られなくなりました。

台風で来院できないというときの対策や諸注意は手馴れているのですが雪問題には困りました。
電話では皆さん経過良好とのこと。
土曜日には遠方からも診察に来ることが出来る方がほとんどになってホッとしました。

いましばらく雪と道路の凍結にお気をつけください。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 日々の出来事 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-11 (Sat)
盆休み前は
内眼手術(白内障、緑内障など眼の中までメスを入れる手術)を控えて
翼状片などの外眼手術のみを行う。

病棟も休みになるので
終わりが早くなる。

近くの居酒屋さんへ家内と食事に出かけた。
アスパラのビール揚げ
茗荷の酢味噌
美味しい。

盆休みが近づくと
何とはなしに
心弾む。

昔はよく家族で山にいっていたが
その子供達も社会人と大学生で忙しい。

しばらく歩いて帰っていると
急に雨が落ちてきた。


祖母山も傾山も夕立かな
(そぼさんもかたむくさんもゆだちかな)

山口青邨(やまぐち せいそん)


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 日々の出来事 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-14 (Wed)
新年度にあたり

というわけでもないのですが

当ブログの体裁を変更してみました。

どうでしょうか。

なにかちょっと女性的(死語かも)ですか?

題字の色設定など訂正予定です。

もう少しカイゼンしてみたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 日々の出来事 | COM(0) | TB(0) |
2010-03-14 (Sun)
3月12日
最終便で宮崎空港から羽田へ
さらに山手線で池袋
池袋から東部東上線にて川越へ。

金曜日の午後11時半
山手線の電車内はすごい混雑
押される押される

池袋では東武東上線、森林公園行きに急ぐ
すでに入りきれないくらい乗客が立っているところに
めり込むように乗せてもらう

浜松町から立ちっぱなしで川越まで
川越プリンスホテルに着いたのは零時半

娘の大学卒業式のために
やってきた。

彼女の入学卒業式に小学校以来初めて出席することが出来そうだ。
お留守番の先生方に感謝

それにしても都会は大変だ
宮崎日向の過疎の町からくると夜中までこんなに人がいることが信じられない
正直、日向人で良かったなあと思う

森林公園行きの中で
立ったまま寝ている綺麗な娘さんが
こっくりこっくり
大きなモーションで周りの男性達の背中を
こつんこつんとつつく

軽い頭突きを受けた若い男性たちは後ろを振り向いては
しょうがないなあという感じで
またメールを打ち始める

娘と同じ年頃のその娘さんは
穏やかな寝顔のまま
周りをつつき続け
つつかれた方も穏やかにそれを受け入れる
心配なような
微笑ましいような
金曜日夜の森林公園行きでありました。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 日々の出来事 | COM(0) | TB(0) |
2010-01-17 (Sun)
正月は成田に帰ってきたので
2日に日枝神社(ひえじんじゃ)に参拝。
日枝神社

かなりの混雑。
(われら田舎人はこの「混雑」を体験しに東京に来るのも悪くないとわたしは思う。
外国からの旅行客の一部に通勤電車体験がニッチな人気らしい(笑い)。)
日枝神社はかなりの混雑

ここまで来るだけでも大変です。

お参りをし
御神酒がふるまわれていたので
清々しく戴く。

神社の石段を降りる右手に
下のような言葉が掲げられていた。
智は目の如し

智は目の如し
百歩の外を見て
睫(まつげ)を見る能わず(あたわず)
「韓非子」

目は遠くまで見渡すことができるが
自分の睫は見ることができない
人の知恵にも同じことが言える
他人のことはよく分かっても
自分のこととなると分からないものだ

ほんとにそうですね。

自分を客観的に見て
自分が聞きたくないことを言ってくれる人をそばに置いておく
ということが大事なのですが
これがさまざまな意味で難しい。

いささか反省しつつ
次なる混雑
というか
新春の賑わいに
向かうわたくしでありました。

ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 日々の出来事 | COM(0) | TB(0) |